むだ毛処理のいろいろな方法:脱毛クリームNAVI
×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

むだ毛処理のいろいろな方法

世の中にはたくさんの情報があふれています。
きれいになりたいと願う女性は、美しさをキープするための情報に耳を傾け、できることから実践しようと努力をしています。
しかし世の中の情報には必ずしも正しくはなかったり、話題作りのために大げさに伝えられているものも数多くあります。
せっかく自分のためにお金や時間を使うのであれば、正しい情報に基づいて使いたいですね。

スポンサードリンク

さて、ムダ毛の処理にかみそりを使うと皮膚がヒリヒリ痛むという人もいるかと思いますが、脱毛にかみそりを使うことは良くないのでしょうか。
確かに、かみそりの刃で皮膚表面をなでていくわけですから、間違った使い方をすると肌を傷めてしまいます。
しかしかみそりでの処理は手軽に短時間でできますし、経済的です。
たっぷりの泡や、シェービングフォームなどで肌表面の滑りをスムーズにし、そっとやさしく剃ることで肌への負担は大分抑えられます。
また処理後は保湿を忘れずに行なってください。

ムダ毛処理にはかみそりの他、毛抜きや脱毛クリーム、脱色、レーザー脱毛などがあります。
それぞれにメリットとデメリットがありますので、脱毛したい部位によって使い分けてもよいでしょう。
腕や脚はかみそりで剃る人が半数を占め、続いて脱毛クリームを使う人が多いようです。
脱毛クリームは処理後の肌はつるつるで、かみそりに比べ肌への負担が軽いのですが、経済的なことを考えるとやはり面積の広い部分には手軽なかみそりを使う人が多くなるのでしょう。
わきについては、かみそり派、毛抜き派、レーザー脱毛派に分かれています。
わきの下の皮膚は薄くて弱いため、かみそりでは負担が大きいでしょう。
肌への負担を考えると脱毛クリームもおすすめですが、効果が長持ちしない(すぐ生えてくる)ため、費用はかかりますがレーザー脱毛が得策かもしれません。